youtube

facebook

Instagram

ブログ

ブログ

工務店でつくる注文住宅のデザインとは

工務店が考える注文住宅のデザイン

注文住宅を建てようとなると、いくつかの検討項目の1つに必ずといっていいほど上がるのが「デザイン」という言葉です。「おしゃれ」「かっこいい」「目立つ」「人と違う」「個性的な」などなど、多くのキーワードを聞いてきました。確かに、せっかく設計図からつくりはじめて家づくりをするのですがから、デザインが良い家を追求するのは普通のことでしょう。

皆様が注文住宅を建てる上で、デザインにおいて具体的にどういった部分が大切なのでしょうか。

注文住宅におけるデザインとは

注文住宅におけるデザインというと、「外観」「内装」などなどがまず浮かんできます。キッチンや洗面台などの設備機器においてもデザインを選びます。しかし、このあたりは実際のところカタログから選択することがほとんどでしょう。しかし、このカタログから選択する上でも、おしゃれや個性的というキーワードにするのには、基本となる設計図のデザイン構成が大きな要素となります。

注文住宅における大切な設計図

多くの場面で、設計図が重要なことはその通りのことです。しかし、注文住宅における設計図は、お客様の家を建てるためだけの設計図です。よって、設計図を作成するにあたり、お客様の求めていることを十分いヒアリングをし、提案側は十分にそれを理解しなくてはいけません。「おしゃれ」という言葉1つとっても、お客様と提案側の「おしゃれ」についての感覚のズレは少なからずあります。世代が違ったり体験経験もことなることでしょう。そういったことから、最初の設計図の提案は本当に大切なものです。もちろんプロとして法規的なことや、敷地に対する経験値的な部分も考慮します。設計図がお客様の感性とずれてしまっている場合、その後どうやっても「お客様にとって」良いデザインはできないと思います。よって、設計図を作成していく過程で大切なことは、お客様の感覚を写真や雑誌などを使って提案者と共有することになります。

工務店だからこその注文住宅のデザインに思うこと

設計事務所へ依頼する場合は、先生方の施工事例などを拝見すると先生それぞれに「個性」があることが伝わってきます。なので、お客様は自分の感覚と合いそうな設計事務所と打合せを重ねることで、よりわかりあえる設計図が完成していきます。しかし私たち工務店は、施工においてなどもちろんこだわりはありますが、デザインにおいては基本的スタンスはお客様や設計事務所に「寄り添い」ます。お客様が本当に望んでいるデザインを、共に追求していくスタンスです。

工務店でも良いデザインができます

工務店というと施工力が先行します。しかし、経験値も高くしっかり良いデザインの提案力も当然持ち合わせております。基本的なスタンスは、お客様へ寄り添うことです。設計事務所の先生に、デザインに色があるのと同様に、スタッフ1人1人に得意なデザイン分野があるのは間違いないです。私は、工務店の良さでもあると思います。基本スタンスはお客様へ寄り添う形だからこと、スタッフごとに得意・好き・向きといった色がでるのはいいのではないでしょうか。ハウスメーカー系の会社や設計事務所ですと、会社ごとにデザインの色があります。当社は、色がないようでスタッフ1人1人に色がある会社。Aさんは和風モダンが得意、Bさんはナチュラルな自然系が得意などなど楽しいではないでしょうか。ちなみに私が得意なのは、ヨーロッパスタイルです。デザインだけでなく家具や庭までご提案したいものです。

お客様にあった注文住宅のデザインを

今回は、注文住宅におけるデザインについて記事にしました。工務店である当社においては、基本はお客様の求めているものを可能な限り最高レベルで提案することです。そしてお客様や設計事務所が求めている設計図において、最高レベルの施工で応えることです。モデルハウスとしてもご覧いただけるカフェも近日オープンしますので、ご興味いただけましたらぜひご来店お待ちしております。

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

クラフトマンスタジオでは随時無料相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

Tel.04-2937-7717

平日 9:30-17:00