youtube

facebook

Instagram

ブログ

ブログ

埼玉で注文住宅を建てるための土地探し:パート②

注文住宅を建てるための土地探し

前回の記事で注文住宅を建てるための土地探しをするポイント1〜2までを紹介させていただきました。記事においては私の知識と経験からの記述となりますが、かなり参考になる内容だと思います。サラリーマン時代は、土地探しのセミナーなどお客様に集まっていただきよく開催したものです。今回パート②ということでポイント3〜5までいっきに進めようと思いましたが、やはり長くなりすぎてしまい無理でした。私の記事は最高でも2000字くらいにと思っているので、パート③に続くことになりました。

いったんポイントを下に纏めておきます。

ポイント1:土地探し・なにからはじめようか!?

ポイント2:土地より先に建築会社を探す

ポイント3:実際にどう動くべきか

ポイント4:土地の見方

ポイント5:土地の決め方〜契約において

となっております。前回の記事は、

http://craftsmanstudio.jp/ceo_blog/202009285719/

となっておりますので、そちらから先にお読みいただけるとと思います。

ポイント3:実際にどう動くべきか

前回のポイント2で、建築会社から探しましょうということをお伝えいたしました。次に実際に探すのですが、すでに建築会社の方とお話をしていたとすると、この時点でご自身が思い描く家を建築する上でどのような土地が必要なのかがはっきりしてきていると思います。さらには、建築会社の方から土地探しのアドバイスもいただけているのではないでしょうか。それをふまえた上で、さて具体的に行動していきましょう。土地の探しかたは大きく分けて3つになります。

①インターネットで探す

②不動産業者をまわる

③実際に欲しいエリアで「土地」を探す

です。他にも応用的な動きはあるにしてもこの3つが基本的な動きです。それを順に見ていきましょう。

①インターネットで探す

1番手軽で探しやすい方法です。仕事の休憩時間や寝る前や通勤時間など空いた時間にチェックできます。有名ポータルサイトなどは情報量も豊富です。いくつもの情報を目にすることができ、最近は写真だけでなく動画や360度カメラなどを駆使してわかりやすい情報を手に入れやすくなりました。注意点とすると実際の中身がみえづらく、来店を促進させるための物件が多いことです。そして売れ残り情報も長く掲載され続けていることですね。おすすめな点は、業者が販売をスタートすると早い段階で掲載されることが多いということです。理由は不動産取引の特性にあり書き始めるとものすごくながくなってしまいますのでそれも機会があれば記事しますが、簡単にお伝えすると不動産取引上の手数料つまり仲介手数料の理由でポータルサイトへの掲載が早い情報になることがあります。

②不動産業者をまわる

1番わかりやすい方法です。そこでこの不動産業者まわりの良い方法をお伝えしましょう。ご自身の希望する土地エリアがあると思います。まず先にそのエリアもしくは駅周辺で1番「よくやっていそうな不動産屋さん」へ行きましょう。そうです、そんな不動産屋さんわかりませんよね。それを見分ける良い方法は、月極駐車場などに看板がある管理している不動産が多い不動産屋さんです。これも私の経験なのでプロの方からは、「は?」という言葉聞こえてきそうですが、おすすめです。そのあとは、エリアごとの大手不動産業者です。大手不動産業者とは財閥系の名前が先頭についていたりする不動産業者さんです。探しているエリアの駅になくても、その駅は近くの支店の管轄になっていることが多いので探せばすぐにみつかることでしょう。ではなぜこの2つの不動産業者をおすすめするかというと、土地を売りたい方が相談にいきやすい業者だからです。間違いない事実ですよ。正直な話、ポータルサイトに乗る前にこの業者に訪れているお客様がいれば、物件はポータルサイトには掲載されることなく所有権が変わっていくことでしょう。それも経費が理由ですので、間違いのない事実です。ですから①<②です。①は空いた時間ですね。

③実際に欲しいエリアで「土地」を探す

どういうことかというと、歩いてもしくは自転車で動き回って、「販売中」というような旗を見つけたりする方法です。空き地や空き家をみつけて、地元不動産屋さんに相談するのもいいかもしれません。これはみつけられる可能性は低いのですが、自分がこれから先住んでいくエリアを知るという意味ではものすごく意味がある行動です。自転車で動き回れば、エリアの高低差など普段知ることができないことも知ることができます。多種な情報をかき集めておけば、いざ不動産契約へと向かう際に安心して進めていけるようになります。ですので、一生生活する可能性のあるエリアですから一度は動き回ることをおすすめします。

パート2まとめ

パート2はポイント3だけで予定文字数まできてしまいました。正直、このポイントはまだまだ伝えきれていないことばかりなのですが、しょうがないです。またの機会に詳しいことを作成していくことにします。

私は宅地建物主任士という資格はもっていません(スタッフはもっています)。しかし木造建築においてはプロといえるほどの知識と経験がありますので、注文住宅を建てるための土地探しなら不動産業者さんより頼りになるかと思います。しかし不動産そのものについては、不動産業者さんにはかないません。その観点で次回パート3もお楽しみにしていてくだされば幸いです。

清水源太

CONTACT

資料請求・お問い合わせ

クラフトマンスタジオでは随時無料相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

Tel.04-2937-7717

平日 9:30-17:00